歯医者選びは評判を重視しよう

  • 評判の良い歯医者さんに共通するコト

    • 子供の頃にはマストで行っていたけど、大人になったら足が遠のく場所、それは歯医者さん。

      子供の頃は学校にも先生が来て見てくれたり、歯磨きの講習とかしてくれていましたよね。


      そして虫歯になろうもんなら、あのリクライニングに座って、口を開けて歯を削られ。

      今思えばそんなに痛くもなかったのに、どうもあの頃の体験がトラウマとなって、歯医者さんから足が遠のいてしまいながら大人になった人、多いのではないでしょうか。



      ええ、私もその1人です。

      大人になったら、自分の意思で行きますからね。



      でも、やっぱり長年歯を使っているとやっぱり不具合が出てくるわけですよ。

      親知らずが生えてきてしまったり、詰め物が取れたり。



      入れ歯とか差し歯とかしなければならない時もありますね。


      私は、30歳目前になって親知らずが生えてきてしまいました。



      ついに来たか、と思いましたね。これは数年ぶりの歯医者さんフラグだと。
      モジモジしてても親知らずは容赦ないので、ネットで近隣の病院を調べてから会社の同僚に評判も聞いたりして、良い病院を探しました。



      そこで色々な病院を見てみて、評判の良い歯医者さん選びをするコツがなんとなく分かって来たんです。



      それは、「笑顔」どこでもそうだと思うんですけど良い評判を聞くときってすごい頻度で「感じが良かった」ってワードが出てきます。



      感じが良い=笑顔だと思うんですよ。
      受付の方や先生が柔らかい笑顔で応対してくれたら、子供も大人も緊張した気持ちがほぐれていきますよね。
      それだけで、悪くないなって思っちゃうんです。技術の良し悪しも当然あるとは思うんですけど、痛いものは痛い。

      でも治療に臨む緊張をほぐしてもらえたら、感じる痛みも感じなくなると思います。
      患者さんの歯を物理的に治すだけじゃなく、場作りもしてくれる。


      評判の良い歯医者さんの、必須条件でした。



  • 関連リンク

    • 歯医者を探している時に、診察時間やホームページなどから得られる情報で判断するのも1つの方法です。しかし、ホームページは自分のアピールであるため、都合の良いことしか書いてありません。...

    • 子供の頃にはマストで行っていたけど、大人になったら足が遠のく場所、それは歯医者さん。子供の頃は学校にも先生が来て見てくれたり、歯磨きの講習とかしてくれていましたよね。...